野牛久伊豆神社

やぎゅうひさいずじんじゃ 住所:白岡市野牛652

『新編武蔵国風土記稿』に「村の鎮守なり、観福寺の持」とあります。
社殿正面に掲げられた扁額は、野牛村の領主新井白石が奉納したもの。
「久伊豆」の文字は、正徳元年(1711)に来日した朝鮮使節の李邦彦(りほうげん)が白石のために書いたものです。朝鮮通信使奉納扁額及び下書きは市指定文化財になっています
境内には御嶽神社、稲荷神社、大主神社、武尊神社、菅原神社、庚供巻神社があります。