白岡八幡神社

しらおかはちまんじんじゃ 白岡八幡神社ホームページ
住所:白岡市白岡889   電話:0480-48-5118(社務所)
(社務所は土・日・祝日 9時から16時まで開いています)

「八幡宮」は、応神天皇を祭神とする神社の総称で、古くは武家の守護神として尊崇されました。
「八幡様」の名で親しまれている白岡八幡宮は、縁起によると嘉祥2年(849)慈覚大師円仁の草創とされ、
八幡太郎義家が奥州征伐の時に戦勝祈願に参拝したとも伝えられています。
建久6年(1195)に源頼朝が鬼窪某に命じて社殿を造らせたといわれています。
毎年2月15日に祈年祭(だるま市)、3月に例大祭、6月に夏越の大祓い、10月に秋の大祭がおこなわれます。
また、境内には樹齢推定500年のカヤの木があり、市の天然記念物になっています。