御成道・一里塚

おなりみち・いちりづか

県道さいたま・幸手線は、江戸時代に「日光御成道」「日光御成街道」と呼ばれる重要な道筋でした。
この御成道は、将軍が日光東照宮に参詣するための道でした。

江戸幕府は、慶長9年(1604)主要街道に一里塚を築きました。
江戸日本橋を起点に1里(約4キロメートル)ごとに街道の両側に塚を築き、頂上に榎や松の木などを植えました。
下野田の一里塚は日光御成道に造られたもので、日本橋から11番目の塚になっています。
なお、両側に塚の残る一里塚としては県内唯一で、県指定の史跡となっています。