古代蓮

こだいはす 住所:白岡市新白岡9-4

 

今年の最盛期は過ぎました。
(平成29年7月31日)

東北自動車道沿線の野牛地区で平成3~4年の土地改良工事で蓮の実が発見されました。
その後、稲苗の間だから針金のようなものが自生し、
近所の農家の方が分けて栽培したうちの1つが繁殖に成功しました。
蓮の品種については、鑑定の結果により「古代蓮」であるとされ、
年代の特定はできませんが、約1200年前の平安時代の頃の蓮であろうと推測されます。
古代蓮は、平年7月上旬から7月下旬までが開花時期で、朝の5時頃から咲き始めます。
JR宇都宮線新白岡駅西口から徒歩10分にある調整池でデッキから見ることができます。
見学の際はお静かにお願いいたします。
最盛期には200程度の花を咲かせます。

 

しらおか味彩センターにも蓮池があります。
新鮮野菜の市場、美味しいそば屋さんもありますので是非お立ち寄りください。
(撮影:平成28年7月4日)