茅の輪くぐり(夏越の大祓)

ちのわくぐり(なごしのおおはらえ)

6月30日は一年の折り返し点、この節目に行われるのが「夏越の大祓」です。
この神事は一年の半ばにあたり心身を祓い清め、 清々しい姿に立ち返ろうとする日本人の伝統的な考えによるものです。
夏越の大祓で参道に設けられるのが茅の輪です。
この茅の輪をくぐることにより疫病から逃れ、 一家繁栄の神通力を授かったという故事に因んだものです。

茅の輪には青々とした茅(かや)の旺盛な生命力にあやかって、罪・けがれを祓い延命長寿への願いも込められています。

皆様も、古来より宮中を始め全国各地で行われてきた「夏越の大祓」
に是非ご参加の上、元気に夏を迎えて年の後半を健康でお過ごしください。